• 2014年4月23日 /  未分類

    大概の人は、顔にニキビができると気にします。
    特に女性は、気にする人が多いでしょう。思春期にできるものと思われがちですが、大人になってからもできるものです。思春期には皮脂の分泌化過剰になり、それが原因となります。

    しかし、大人になってからできるのは、ストレスや睡眠不足、便秘といった日常生活の悪影響によってホルモンバランスが崩れることが原因です。原因が違うため、思春期の頃には特に何もしなくても治っていたのに、大人になったらしつこく繰り返しできてしまう、といったことになってしまいます。ニキビの症状は、いくつかあります。まず、見た目にも目立たないが、よく見ると小さな白い点が見える状態。この白い点は、毛穴に皮脂などが詰まってきた証です。

    次に、古い角質や皮脂、洗い流せなかったりふき取れなかった化粧品で毛穴が詰まってしまい、その後詰まった皮脂が空気中の酸素と結びついて酸化して、黒ずんでしまっている状態。
    さらに、毛穴がふさがって肌に常在しているアクネ菌が活性化してしまい、菌が増殖することで炎症を起こして赤くはれ上がってしまう状態。
    主にこの三つですが、炎症は放っておくと、膿までできてしまうほど悪化してしまいますし、ニキビ痕として皮膚に残ってしまいます。

    黒ずんでしまうのも、周りに対しての印象がマイナスになります。これらに対しては、適切な洗顔とスキンケア、バランスのとれた食事など日々の生活の中で気を付けることが必要です。

    Posted by nikibi @ 2:21 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です