• 2014年4月23日 /  未分類

    ニキビは、皮脂が毛穴につまり炎症を起こしてしまうものですが、思春期には特に悩まされる人が多いのも特徴です。
    できる部位は背中や胸周り、顔などの皮脂の分泌が多い場所が主ですが、
    女性の場合は特に目立ちやすい場所の顔の炎症は精神面を左右することがありますので、なるべく早く対処したいものです。

    ニキビはできる場所によって原因が異なります。額にできるのは、ストレスが原因である事が多いのですが、シャンプーなどの洗い残しやホルモンバランスの乱れも考えられます。口周りは胃腸の炎症、頬は冷え症や便秘、顎周辺は、コレステロールの過剰摂取、自律神経の乱れが原因であると言われています。

    背中は、皮脂線がつまりやすい部位ですので、清潔に保つようにしシャンプーやリンスなどの洗い残しにはくれぐれも気をつけましょう。また、生活習慣の乱れでも肌の炎症は悪化しますので、体にいい食生活、十分な睡眠をとり規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

    チョコレートなどの甘いものが好きでよく食べる方、自分に合ったスキンケアのできてない方は、特にニキビになりやすい傾向にあります。

    自分の生活を見直すことから初め、体の不調を見逃さないようにし、それでもなかなか良くならない場合にはやはり皮膚科専門医にかかることをお勧めします。皮膚科で処方された薬はよく効きますが、強い薬だと副作用を起こしてしまう可能性もありますので、
    医師と十分に話し合い合う薬を出してもらいましょう。

    Posted by nikibi @ 2:29 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です