• 2014年4月23日 /  未分類

    ストレスは身体に過度の緊張や疲労を与えるため、自律神経に変調をきたします。

    自立神経が変調になると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるため脳下垂体から副腎皮質ホルモンが大量に分泌されます。

    副腎皮質ホルモンの分泌が高まることによって、男性ホルモンの分泌が高くなるため皮脂の分泌が多くなるのです。

    皮脂が多く分泌されてしまうと毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、ニキビの原因になるのです。
    ニキビ予防をするためには、ビタミン類などの栄養素もバランス良く摂取することが大切です。

    ビタミンAは、皮膚の新陳代謝に深く関わっています。このビタミンAが不足すると毛穴が詰まる原因に繋がるのです。
    ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制する役割を果たす栄養素です。
    このビタミンB2が不足すると皮脂過剰を起こす原因になります。ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促進させて新しい皮脂を生成する手助けをします。ビタミンB6が不足すると新しい皮脂が作られにくくなります。

    ビタミンCは、コラーゲンの生成と保持を助ける役割があります。
    また、ニキビあとのもとになるメラニン色素の生成を抑制させます。これらのビタミン類をバランスよく摂取することで、
    にきび予防に繋がるのです。にきびの原因には乾燥肌もあります。肌が乾燥すると肌の角質が硬くなるため、
    少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。
    そのため、肌の保湿もにきび予防には大切なことなのです。

    Posted by nikibi @ 2:24 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です