• 2014年4月23日 /  未分類

    ニキビは、皮脂が毛穴につまり炎症を起こしてしまうものですが、思春期には特に悩まされる人が多いのも特徴です。
    できる部位は背中や胸周り、顔などの皮脂の分泌が多い場所が主ですが、
    女性の場合は特に目立ちやすい場所の顔の炎症は精神面を左右することがありますので、なるべく早く対処したいものです。

    ニキビはできる場所によって原因が異なります。額にできるのは、ストレスが原因である事が多いのですが、シャンプーなどの洗い残しやホルモンバランスの乱れも考えられます。口周りは胃腸の炎症、頬は冷え症や便秘、顎周辺は、コレステロールの過剰摂取、自律神経の乱れが原因であると言われています。

    背中は、皮脂線がつまりやすい部位ですので、清潔に保つようにしシャンプーやリンスなどの洗い残しにはくれぐれも気をつけましょう。また、生活習慣の乱れでも肌の炎症は悪化しますので、体にいい食生活、十分な睡眠をとり規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

    チョコレートなどの甘いものが好きでよく食べる方、自分に合ったスキンケアのできてない方は、特にニキビになりやすい傾向にあります。

    自分の生活を見直すことから初め、体の不調を見逃さないようにし、それでもなかなか良くならない場合にはやはり皮膚科専門医にかかることをお勧めします。皮膚科で処方された薬はよく効きますが、強い薬だと副作用を起こしてしまう可能性もありますので、
    医師と十分に話し合い合う薬を出してもらいましょう。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    学生時代は顔全体や首・背中など沢山の箇所に大量に出来、大人になると数は減るものの、なかなか治らないニキビですが、最近は様々な市販の薬が販売されているので、自宅でも簡単にケアする事が出来る様になりました。

    この薬は身近なお店やインターネット通販でも購入する事が出来るので、実際に使用している方の体験談などを参考にしながら薬を選ぶ事もできます。このニキビですが、出来るととても嫌な気分になる事が多いですが、実は出来る部分によって身体の不調が分かるので、出来ることはありがたい事でもあります。

    例えば、鎖骨の上などは、生理不順の際に出来やすかったり、おでこ周辺に出来た場合は、乱れた食生活が原因の事が多いです。
    そして、口や鼻の周りは、ビタミンが不足している場合や疲れがたまっている時に出来易いなど、この出来る場所によって生活習慣の改善すべき所が分かるので、出来る事はとてもいい事なのです。

    また、色でも不調が分かり、白色は胃腸系の機能が低下している際に出来ます。
    この様に、身体の不調が分かれば、身体の中で低下している機能を改善する為に、生活リズムや食生活の見直しが出来るので、薬に頼る事なく自然に治す事ができます。
    ですので、やっかいな物と思いがちですが、出来る場所や色に注目する事で、
    身体の不調と合わせて自宅で簡単にケアが出来るので一石二鳥です。

    また、それでもなかなか治らない場合は、皮膚科へ行く事がおすすめです。皮膚科では、症状に合わせたお薬を出してもらえるので、比較的早く治す事ができます。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    ニキビ治療をするためには、食生活などについても気をつける必要があります。
    食生活で気をつけるべきことは、あまり脂分が多いものを取らないようにするということです。
    チョコレートなどは好きな女性が多いですが、油分が多く含まれて居ます。ですので、食べるのを控えなくてはいけないのです。
    そして、他にも栄養バランスがよい食事を取ることを心がける必要があります。

    最近では、肉ばかりを食べていて、野菜をあまり取らないということが人が多いですが、野菜もきちんと食べる必要があります。
    そして、肌にはビタミンが必要不可欠です。果物などにはビタミンが多く含まれているので、
    意識して食べるようにしたほうがいいです。
    ですが、あまり食べる機会が無いという場合には、サプリメントなので栄養を補助する方法があります。
    他にも、規則正しい生活を送る必要があります。規則正しく眠り、起きることが大切です。

    他に出来る治療方法といえば、洗顔などにも気を使うということです。ニキビを治療するためには、
    顔の油分を減らす必要があると考えている人が多いです。ですが、
    その油分を減らすために洗顔を何度も行うというのは、実は肌にはあまりよくありません。

    洗いすぎてしまうと、油分が減りすぎてしまうので、肌が過剰に油分を出してしまうのです。
    ですので、一日二度ほどの洗顔にとどめる必要があります。そして、保湿についてもきちんと行う必要があります。
    保湿は必要ないと考えている人が居ますが、それは間違っています。

    また、ニキビ対策には美顔器がおすすめで、詳しくは
    美顔器ランキング!効果と人気がある美顔器を紹介
    をご覧下さい。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    ストレスは身体に過度の緊張や疲労を与えるため、自律神経に変調をきたします。

    自立神経が変調になると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れるため脳下垂体から副腎皮質ホルモンが大量に分泌されます。

    副腎皮質ホルモンの分泌が高まることによって、男性ホルモンの分泌が高くなるため皮脂の分泌が多くなるのです。

    皮脂が多く分泌されてしまうと毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、ニキビの原因になるのです。
    ニキビ予防をするためには、ビタミン類などの栄養素もバランス良く摂取することが大切です。

    ビタミンAは、皮膚の新陳代謝に深く関わっています。このビタミンAが不足すると毛穴が詰まる原因に繋がるのです。
    ビタミンB2は皮脂の分泌を抑制する役割を果たす栄養素です。
    このビタミンB2が不足すると皮脂過剰を起こす原因になります。ビタミンB6は、たんぱく質の代謝を促進させて新しい皮脂を生成する手助けをします。ビタミンB6が不足すると新しい皮脂が作られにくくなります。

    ビタミンCは、コラーゲンの生成と保持を助ける役割があります。
    また、ニキビあとのもとになるメラニン色素の生成を抑制させます。これらのビタミン類をバランスよく摂取することで、
    にきび予防に繋がるのです。にきびの原因には乾燥肌もあります。肌が乾燥すると肌の角質が硬くなるため、
    少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。
    そのため、肌の保湿もにきび予防には大切なことなのです。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    ニキビが出来たら潰してはいけないとよく言われるがそれでも潰したくなるのはどうしてだろうか。
    特に一度出来た部分にはしょっちゅう姿を現すという嬉しくないおまけつきだ。
    一度潰してしまうと、治りが遅くなるのは身をもって体験しているのだが、
    どうしてもあの膨れたニキビを潰したくなるのだ。気持ちの上では潰してはいけないと思ってはいるものの放置しておくのもみっともなく、潰してしまえば一時的にせよ見た目がましになるのではないかと考え潰してしまうのだが、それが広がる原因の一つになっているのだろう。 

    何もしなくても次々と新しいのが出現してくるのだ。キリがない。洗顔や専用の薬を使ったところで一日二日で治るわけでもなく、長い戦いとなるのは間違いない。 周りからは二十歳を過ぎれば治るはずと言われてだらだらと日々を過ごしていたのだが依然として出来るサイクルは変わらず、ついに皮膚科に行くことになったのだがそこで言われたのがホルモンバランスが悪いからということ。つまり二十歳を過ぎても治らない人は治らないというのだ。

    それでも少しでも治したいということで薬をもらったのだが、それを顔につけているととにかく痒い。

    一種のピーリングだと言われたのだが、皮膚を一度削って新しいのに入れ替えるために一カ月から二カ月つけ続けてと医者に言われ、痒いし肌はボロボロの状態になったが何とか二カ月頑張ってみたら美しく、とまではいかなが人並み程度には治った気がする。

    あとはこの状態をどこまで維持できるかだ。つまりニキビが出ても潰さないように気持ちを強く持たなくてはいけないということだ。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    大概の人は、顔にニキビができると気にします。
    特に女性は、気にする人が多いでしょう。思春期にできるものと思われがちですが、大人になってからもできるものです。思春期には皮脂の分泌化過剰になり、それが原因となります。

    しかし、大人になってからできるのは、ストレスや睡眠不足、便秘といった日常生活の悪影響によってホルモンバランスが崩れることが原因です。原因が違うため、思春期の頃には特に何もしなくても治っていたのに、大人になったらしつこく繰り返しできてしまう、といったことになってしまいます。ニキビの症状は、いくつかあります。まず、見た目にも目立たないが、よく見ると小さな白い点が見える状態。この白い点は、毛穴に皮脂などが詰まってきた証です。

    次に、古い角質や皮脂、洗い流せなかったりふき取れなかった化粧品で毛穴が詰まってしまい、その後詰まった皮脂が空気中の酸素と結びついて酸化して、黒ずんでしまっている状態。
    さらに、毛穴がふさがって肌に常在しているアクネ菌が活性化してしまい、菌が増殖することで炎症を起こして赤くはれ上がってしまう状態。
    主にこの三つですが、炎症は放っておくと、膿までできてしまうほど悪化してしまいますし、ニキビ痕として皮膚に残ってしまいます。

    黒ずんでしまうのも、周りに対しての印象がマイナスになります。これらに対しては、適切な洗顔とスキンケア、バランスのとれた食事など日々の生活の中で気を付けることが必要です。

  • 2014年4月23日 /  未分類

    大人ニキビとは成長期の後、大人になってからできるニキビのことです。その直接的な原因は皮脂の過剰分泌によるものですが、引き金になる要因は様々です。ストレスや月経によるホルモンバランスの乱れ、睡眠不足・加齢・便秘による新陳代謝の低下、食生活の乱れ、間違ったスキンケア、肌の乾燥・ターンオーバーの乱れによる角質の毛穴詰まりなど、原因は一人一人異なります。

    症状としては、口の周りや顎など顔の輪郭に沿ってできたり、一度できると治りにくく治ったと思ったらまた同じところにできたりします。予防と対策としては、洗顔やクレンジングが不十分だと毛穴に汚れが残ったままで雑菌の繁殖の原因となり、炎症を起こしてしまうので蒸しタオルで毛穴の汚れを浮かせてから丁寧に洗顔します。

    肌に強すぎる洗顔料・クレンジング料の使用やゴシゴシ洗いをすると肌表面の角質を傷つけてしまい、古い角質だけでなく保湿に必要な皮脂成分まで除去してしまいます。すると、肌の水分が失われ乾燥肌になり雑菌が侵入しやすくなります。
    また、抵抗力も弱くなり炎症が起こりやすくなります。これを防ぐには肌を傷めないように注意しながら、十分な角質除去を行うことです。また、食生活ではビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCなどのビタミン類をきちんと摂取することです。

    食事だけでは摂取することが難しい時はサプリメントを利用して補うようにします。大事なのは、ホルモンバランスを整え、肌のターンオーバーを促すことです。